Hello

梅岡 比俊

Hitoshi Umeoka

メッセージ

初めまして。梅岡比俊です。

私は2008年、兵庫県西宮市に耳鼻咽喉科クリニックを開業し、今年で13年を迎えました。おかげさまで耳鼻咽喉科4院、小児科2院、東京都に消化器内科1院、計7院のクリニックを運営しながら日々楽しく過ごしております。

 

また2016年には、「M.A.F」というクリニックの開業医コミュニティを作り、経営について横断的に学ぶ事や他院の成功事例を自院に取り入れる事の素晴らしさを感じてきました。しかしその一方で、医師同士のつながりが未だ薄く、閉鎖的だということも感じてきました。

現在、日本には約10万件のクリニックがありますが、年間約6,000件が開業し、約5,000件が閉業しています。つまり、年間約1,000件のクリニックが増えてきているということです。その中で、同じような失敗が繰り返されるのは勿体ないと思い、自分の失敗を共有するために「M.A.F」を作りました。

そして今回は、経営面だけでなく臨床面においてもクリニック現場の最前線で実際に行われている治療や診療方針の情報を共有できればと思い、耳鼻咽喉科臨床研究会を作った次第です。

 

日々、臨床現場も進化しています。

例えば、舌下免疫療法はこれまでの皮下注射に代わるような、患者さんにとって簡便的且つ効果的な治療法となっています。CPAPの機械もどんどん小さくなり、出張にも持ち運べるようになりました。さらに、抗生物質の進歩によって副鼻腔炎の手術ケースが減ってきたという非常に喜ばしい事例もありました。

 

普通、各々が持っている情報やノウハウは明かさないことが多いのかもしれません。しかし、たらいの水の法則のように、他人に対して貢献するということは人としても組織としても成長することだと思います。そのため、当勉強会は無償で参加できるものではありますが、先生方にはきちんと目的意識を持って取り組んでいただきたいと思います。

 

そして、私はこの場を安心・安全な場にしたいと思っています。誰かの治療法に対して異議を唱えるのではなく、一人一人思ったことを率直に発言し、皆で支え合えるような場にしたいのです。そのため、周りの先生方へのリスペクトを大切にし、この場を活用してどんどん輪を広げていただけると幸いです。

そして、全国の耳鼻咽喉科医の方々や最前線で頑張っている開業医の方々との情報共有が、患者さんにとっての幸せに繋がることが最終的な目標です。

 

以上のような趣旨で運営していこうと思っておりますので、ご興味のある方は是非ご賛同いただけましたら幸いです。